骨盤矯正

骨盤の歪みは大きく分けて3種類

1.身体のゆがみやねじれに伴う骨盤のゆがみ
脚の左右の長さの違い、骨盤の左右の高さ違い、骨盤の傾斜の異常に現れます。
この場合は骨盤・身体の歪みやねじれを改善する必要があります。

2.出産後の骨盤のゆがみ
出産後6ヶ月で元に戻るとされています。
前提として通常の生活行動が必要です、運動不足では骨盤の開き・ゆがみは戻らないこともあるのです。ウォーキングをお勧めしています。
当サロンでは、出産直後から産後ケア(骨盤矯正含む)をしております。

3.骨盤内外の関節の異常
仙骨と腸骨の間の仙腸関節の痛み(圧痛や違和感)、股関節の伸展・屈曲・回旋の制限。
この場合、関節の調整や、関連する筋肉・靭帯のほぐしを行う必要があります。

画像の説明

①前傾タイプ
反り腰や内股の方など、美意識が高く、猫背を気にされている方に多いタイプです。
特に女性は、ヒールをはいたり、姿勢を良く見せようと背中を伸ばして胸を張った姿勢をする方が多く、重心が前に行くことで反り腰になります。
反り腰になると、下半身の前側でからだを支えようとするため体に負担がかかり、肩こり・腰痛・下半身太り・足のむくみ・ぽっこりお腹の原因になります。
また、ストレートネック・ストレートスパン(平らな背中)の原因にもなります。
骨盤が前傾すると子宮は後屈しやすくなるため、不妊症の原因になってしまうこともあります。

②後傾タイプ
がに股の方、猫背に見える方、腰がストレートの方に多いタイプです。
最近、腰骨が後ろに出てきた気がする方や、昔は姿勢が良かったのに年々腰が曲がってきたと感じる方は要注意です。このタイプは年齢を重ねると圧迫骨折をおこしやすくなります。慢性的な腰・臀部の痛み、おしりのたるみの原因にもなります。

③開きタイプ
産後の女性に多い骨盤の歪みです。また、骨盤の前傾・後傾と混在する場合もあります。
骨盤が開くと内臓が下に落ちてしまうため、腸・膀胱・子宮が圧迫されて働きが悪くなります。その結果、便秘・頻尿・尿漏れ・ぽっこりお腹の原因になってしまいます。
また、内臓の働きが悪くなると代謝も悪くなり、冷えやむくみを引き起こしてしまいます。

ゆがみによる症状

腰痛、股関節痛、恥骨痛、むくみ、冷え、便秘、産後太り、産後の尿漏れ、痔
いくつかあてはまる場合は骨盤のゆがみが強いかもしれません。

  • デスクワークや立ち仕事など長時間同じ姿勢でいることが多い
  • 生理痛やPMS(月経前症候群)がひどく毎月憂鬱だ…
  • 産後太りや便秘によるぽっこりお腹を解消したい
  • 頻尿・尿漏れなど排尿トラブルが出てくるようになった
  • 腰痛がつらくて仕事や育児に集中できない

このまま放っておくと…

  • からだの歪みがひどくなって体の片側に負担がかかるようになり、痛みが出てくる
  • お尻や腰周り、太ももに脂肪が付きやすくなり下半身太りになる
  • 市販の便秘薬が効かなくなり便秘がひどくなる
  • 生理痛がひどくなったり、不妊症、子宮内膜症、子宮筋腫などの婦人科疾患の原因になる
  • 腰痛が悪化して日常生活が送れなくなってしまう

骨盤の構造

骨盤は、おしりの中心の骨、仙骨・尾骨・腸骨・恥骨・坐骨が融合した寛骨の組み合わせで成り立っていて、脊柱(背骨)はちょうど仙骨の上に位置します。
骨盤の下部は股関節から脚部へとつながっています。

骨盤はまた、腹部にある臓器を包んだ器のようなものでもあります。特に女性は出産のため仙腸関節や恥骨が動きやすくできていますのでずれやすい部分です。

骨盤に偏った負担がかかって、仙腸関節や恥骨にズレが生じやすくなります。仙腸関節や恥骨がずれるとそのズレをカバーしようと骨盤がずれます。
こうして土台である骨盤が歪むと、身体のバランスが歪み、身体のトラブルが起きやすくなります。

なぜ、産後の骨盤矯正なのか

出産前後の独特の骨盤開閉メカニズムや、妊娠時の姿勢、出産後の生活の変化(抱っこする・授乳する)などが絡み合い産後の骨盤が変化をします。

妊娠中の骨盤
胎児の成長に合わせて、骨盤の骨と骨の接合部をゆるめるホルモンが出てきますので、骨盤も開いていきます。
骨盤が開くことは胎児が大きくなるためには必要な事ですが、骨盤自体にゆがみをつくりやすくなっています。

出産時の骨盤
赤ちゃんが産道を通る時の刺激が脳に伝わり、一気に骨盤をひきしめるホルモンが放出され、骨盤の骨と骨の接合部が硬くなります。
このとき通常であれば骨と骨が元の状態にひっつくのですが、骨盤自体にゆがみがあるとゆがんだ状態のままでひっつくことがあります。

出産後の骨盤
出産後、閉じたはずの骨盤ですが、1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨の接合部が弱い状態です。
この時期に悪い姿勢などを繰り返していると、強いゆがみをつくってしまう原因になります。また、出産後は授乳や、抱っこ、と何かと体に負担がかかりやすいもの、特に姿勢には気を付けたいです。

産後の骨盤矯正の頻度と期間

骨盤の矯正だけでなく上半身の歪みも矯正していきます。
骨格調整・筋膜調整もすることで全身のバランスを調整していきます。
骨盤のゆがみと同じように体のゆがみは一人ひとり違っていますので、それぞれのポイントに合わせて手技でゆがみを整え、戻りにくい安定したカラダになるように全身調整していきます。
骨盤矯正は1回でも効果が実感できると思いますが、矯正させていただいた骨盤のゆがみが戻りきらないうちに次回の矯正をさせていただくのが、大切なポイントだと考えています。
骨盤の開きぐあい、ゆがみの程度、筋肉のくせ、日常での姿勢などにより異なりますが、当院では目安として3回程度の施術をおすすめします。